プロフィール

小川えみこ(1981年 広島生まれ)

カウンセリング・カフェ、内臓デトックスサロン
Deela オーナー


・心理カウンセラー
(プロカウンセリング協会1級カウンセラー)

・チネイザン セラピスト・トレーナー
・タイ式セラピスト・トレーナー
・ネットラジオ(ゆめのたね)DJ

 

幼少期~15歳

母親が信仰していた宗教の教えのために、毎日虐待を受けていました。(もう20年近く前から宗教には一切関わっていません)

 

ストレスから、頭痛、アレルギー、便秘、ヘルニア、喘息など体調不良が多く病院でも治らないため、毎週整体やマッサージなどに通う子供でした。

 

 

 

高校~20歳

高校入学直後、父親がガンで他界。大腸ガンでした。

その直後、母親が疲れとストレスで血液の難病を発症。

 

どちらも原因は「ストレス」という診断に納得がいきませんでした。
そして、病院はストレスによる病気は治せないのだと痛感。

このことから、ストレスと病気について興味を持つようになりました。

 

 

その後、家計のために17歳から働きはじめましたが、18歳で結婚。19歳で離婚。

相手の家が会社経営だったため、一人息子を手放すことになってしまいました。

 

うつ症状、さらに体調を壊し、1年ほど引きこもり状態でした。死にたい思いもありました。

 

この頃、タイマッサージと出会い、体調、メンタルともに改善。
特に便秘が解消されたことが、1番嬉しいことでした。

マッサージのおかげで、徐々に元気を取り戻せました。

 

心と身体が繋がっている事を実感出来た事が、今の仕事に繋がっています。

 

 

 

20代~

 

広島を離れたいと思い東京へ移住。

24歳から、タイに3カ月マッサージ留学を初めました。
東京ではエステ、マッサージ店に勤務。 新店舗立ち上げ、サロントップの売り上げを出してきました。

 

ブログを書く事は、この頃からスタートしました。

 

2008年、27歳の時に広島に戻り、タイ式マッサージサロンをオープン。

「広島の皆に、最高のタイ式マッサージを知ってもらう!」
「広島で1番”上手い”と言われるマッサージ屋になる!」

という思いと勢いとノリだけで起業。

 

お客さまにもアルバイトさんにも恵まれ、順調でした。

が、これまで約6000人の方にマッサージを施術して来た中で、気になっていたこと。
それは、どんなに身体をケアしても、心問題がある人は元気にならないことに、物足りなさを感じていたことです。

 

 

 

30代~

 

自分の経験から、メンタルをマッサージで改善するには「腸」だと思い、2010年から「チネイザン(気内臓療法)」を取り入れました。
が、それでも物足りない思いがあり、施術の限界を感じていました。

 

また、この頃は私自身も、幼少時に受けた虐待のフラッシュ・バック、悪夢に悩まされていました。

そして30代の時、心理カウンセリングを受け、症状がなくなったことから心理学を勉強し、心理カウンセラー資格を取得。

 

 

そして、カウンセリングとチネイザン(気・内臓マッサージ)のサロンとして運営しています。

 

「もっと早く、心理カウンセリングをうければよかった」と思います。
心理カウンセリングをもっと気軽に使ってもらいたい!との想いから 日本発の「カウンセリング・カフェ Deela」を立ち上げました。

 

現在は、17歳の頃から夢だった「遊ぶように働く」を実現中!